放浪カモメはいつまでも

読む人のことを考えず、書きたいことを適当に書いてるブログ。今のメインブログはこちら→ http://www.ongakunojouhou.com/

ぶっちゃけチケット転売は個人的にアリだと思う

定価5万円が21万円…チケット転売市場急拡大 : 読売新聞

 
 
この記事を読んでかんじること。
 
法律やら条例やらそういったものはらあるけど、個人的な感情としては、チケット転売てアリじゃないの?と思っている。
 
自分自身もチケットキャンプやヤフオクでチケットを買ったことはあるし、実際に売ったこともある。
 
て、実際チケットをチケットぴあやイープラスでチケットを買うのと変わらない感覚で買えてるというか、チケットサイトで買うよりも場合によっては転売で購入した方が自分にとっても色々とメリットがあることが多い。
 
ちなみに転売は肯定派だけど、自分は定価以上でチケットは買ったことはないので...
 
 
好きな席を選べる
 
主に指定席のホールやアリーナでのライブの時には転売で購入するとある程度は好きな席を選べます。
 
当然前方の席はプレミアがついていて高額になっていることが多いです。
しかし、後方の席だったり、隅の席ならば定価以下で購入できることもあります。
 
とりあえずどの席でもいいからライブを観たい時は、安く買えるしおすすめです。
 
前方の席や真ん中のいい席で観たい場合も、ファンクラブに入ってチケット先行抽選に申し込んでいい席を願うよりも効率良いし、ファンクラブの会員費を考えると、転売で購入する方が希望の席を結果的に安く買えるかもしれません。
 
実際チケット目当てで某バンドファンクラブに入ってた時は、チケット先行で手に入れた席が2階席のすみっこだったし。
会費年3000円で先行手数料やら郵送手数料やらもかかるから、実質チケット代3000円以上上乗せし微妙な席を買ったようなもの...
 
個人的にはどの席でも良いから安くライブ観たい時はあえてあまり良くない席を探して安く買っている。
 
 
チケットが余っている公演や追加公演が開催されると安く買える
 
一般発売開始後もチケットが売り切れていない場合はホールやアリーナなら良い席が、ライブハウスなら良い整理番号のチケットが定価以下で手に入ることが多いです。
 
あと、チケットが完売したから追加公演が決定したけど、追加公演のチケットが余った場合。
 
この場合は追加公演も追加公演発表前に完売になった公演も定価もしくは定価以下で買えることが多いです。
 
 
自分が行けなくなったライブチケットを売るのにはチケキャンとヤフオクは便利
 
自分がどうしても行けなくなったライブのチケットを売る時は、チケットキャンプやヤフオクはとても便利です。
 
ツイッターで譲る場合もあるけど、正直、ツイッターで譲るよりも安心して譲ることができます。
 
ツイッターだと複数人から譲ってほしいと連絡あった場合、断らなければいけない人も出てくるし、ヤフーかんたん決済的な決済方法がないので、振込や手渡しなど直接の金銭のやりとりも必要になる。
 
ツイッターは売買を目的としたサービスではないので、ツイッターをやっている人が全員信頼できるとも限らないし、信頼できるか確認できないです。
 
チケットキャンプやヤフオクなら購入者はまずは運営にお金を預けて、それを販売者が確認し、商品が購入者のもとに届いたら振り込まれるという仕組みなので、ツイッターなどで譲るよりも安心です。
 
転売が全くできないシステムになってしまったら、行けなくなってしまったチケットを譲ることも難しくなるかもしれません...
 
 
行きたいライブのチケットが買えず、定価以上で転売されていたら
 
あきらめましょう。
 
取れなかったから仕方がないです。
 
 
これは行くのを諦めるか、どうしても行きたいならば定価以上で買うしかないです。
 
これって、転売屋が高額で転売することだけでなく、観たい人を全員入れられるようなキャパの会場を押さえなかった主催者にも問題あるんじゃないの?と個人的には思うわけです。
 
そりゃあ主催者も赤字は出したくないどろうけども、例えば横浜アリーナを埋めるバンドがZEPP TOKYOでやれば誰もがチケットを取れるわけではないし、需要が供給を上回れば希少価値が上がるのは当然なわけで...
 
たまには小さいところでやりたいと思うアーティストもいるし、そこで観たいお客さんもいるし、今年は改装をするコンサート会場が多くて会場不足になる2016年問題もあるかもしれないけども。
 
自分は転売で売られているチケットの相場が、実際のチケットの価値の価格なんじゃないかなと思う。
 
いっそ転売屋をなくすためには、主催者がヤフオクやチケットキャンプの相場になりそうな金額でチケット売ればいいんじょないかな?
それなら転売屋も転売するうまみがなくなって激減するのではないだろうか...
 
チケットを購入する自分たちお客さんにとっては出費が増えて痛いけど、好きなアーティストも収入が増えると思って我慢をして...
 
 
それか公演数を増やすしかないと思う。
 
例えばミスチルやB’zもライブハウスで年間200公演ぐらいやれば行きたい人はどこかの日程は1日ぐらいはチケット取れそうだよね。
でも、これは舞台に立つ側がかなり体力を消耗しそうだけども...
 
 
 
転売屋なんて、1つの公演に5%もいないだろうから、チケットが取れなかったのは転売屋の、せいだけでなく、主催が人気に対してキャパやチケット料金を間違えて会場を押さえてチケット売ってることもあると思う。
 
逆に転売屋が転売屋を失敗してくれたり、主催者側が人気に対してキャパオーバーな公演やツアーもやってくれることもあるから、自分はチケットを安く買えることもあるから、今のところはチケット転売はアリかなと思っている。
 
でも、個人でのチケット売買が普通に行われるようになって、転売屋じゃないファンが高額でチケットを転売するのはどうなの?と思う。
 
一応はファンで好きなはずなのに、ダフ屋と同じことをするのねと思ってしまう...
 
 
てか、個人的には転売屋とかより、チケット1回の購入でよくわからない手数料を複数取り、その収益で渋谷の一等地にカフェなんか出して副業始めたイー◯ラスをなんとかしてほしい