読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放浪カモメはいつまでも

読む人のことを考えず、書きたいことを適当に書いてるブログ。

アジカンのせいで?霊の出る部屋に住んでいた話

今週のお題


高校生の頃、兄弟で自室を持っているのは自分だけだった。


実家はアパートの1室。

それほど広くなく、3部屋とキッチンしかなかった。

自分は長男で高校生だからと、3部屋のうち1つを自室として使う許可をもらった。


といっても、それほど広くない家だから家族も勝手に部屋に入って来る。



自分の部屋にはテレビとプレステ2があった。


自分はゲームは殆どしないけど、弟はゲーマー。

よくゲームをやるために勝手に部屋を使われていた。


自分が部屋にいる時は遠慮してあまりゲームをやりに来なかったけど。

でも、どうしてもゲームがやりたい時は、自分にお願いしに来ていた。

正直自分も部屋に居たかったし、弟がいると邪魔だから嫌だったけど、その事で親に何か言われるのが面倒だったので、許可して使わせていた。




ある日、弟が友人を家に連れて来た。

自分は部屋に居たんだけど、弟はプレステを使いたかったらしく、友達と一緒にプレステを使う許可を得るために部屋に来た。


こちらも友達が来てるなら仕方がないから快く部屋を貸そうと思ったが、弟の友人が部屋を使う事を全力で拒否してきた。



「なんで?」と理由を聞くと、






弟友人「だって、この部屋、幽の通り道になってる!!!」






かなり怯えた様子で言って来た。

弟の友人は霊感がつよいらしく、色々見えるらしい。



そして、この部屋は霊の通り道になっていて、朝の通勤ラッシュの国道ぐらい霊が通っているらしい。


ちなみに、部屋にはポスターを貼っていた。


近所のCD屋が潰れる時にくれた、アジカンこと、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのアルバムのポスター。


ソルファ

ソルファ


ソルファのジャケットのポスター。


弟友人によると、霊は部屋の窓から入ってきて、ポスターに向かって移動し、ポスターの中に消えて行くそうだ。


ちなみに部屋の間取り↓

f:id:houroukamome121:20160218212406j:image


弟友人によると、窓と窓や、窓とドアが向かい合わせになっていると、霊の通り道になるらしい。


さらに言うと、窓と窓や、窓とドアが向かい合わせになっていなくても、部屋にポスターを貼って、それが窓やドアと向かい合わせになると、そこが霊の通り道になるらしい。


つまり、自分はアジカンのポスターによって霊の通り道を作ってしまったらしい。


これはアジカンのせいだった。


それならポスターを剥がせば霊の通り道はなくなるのかと弟の友人に聞いた。

弟の友人はポスターを剥がせば霊の通り道はなくなるはずだと言った。


でも今日は恐怖で気分も悪くなったので帰ると言って家に帰っていった。


自分もなんとなく申し訳ない気持ちになって、ポスター貼っててごめんね。全部アジカンが悪いんだよ。また来てね。と謝罪した。


自分には霊感が全くない。

でも、霊の通り道だと言われると気になってしまう。

アジカンのポスターはお気に入りだったけども剥がす事にした。



それから何日かして、また同じ弟友人が家に来た。

霊が出るとか言って帰ったくせに、よくまた来れたものだ。


弟も友人にポスター剥がしたから大丈夫と言って誘ったのだろう。


自分も霊の通り道じゃなくなったのかが気になるので、部屋に招き入れた。


すると、弟友人はまた部屋に入りたくないと怯えて言う。


いやいや、ポスターは剥がしたから霊の通り道はなくなったはずだ。

何が嫌なのか聞いて見ると、


弟友人「今度は部屋が幽霊のたまり場になってる!!!」


弟友人によると、ポスターを剥がしたせいで通り道がふさがり、窓から入って来た霊が外に出れなくなり、部屋が幽霊ですし詰め状態になるほど集まってしまったらしい。


それって、ポスター貼ってた方がマシだったんじゃね?


弟友人に、じゃあ、この霊たちを追い出すにはどうすればいいのかと聞くと、家をぶち壊すしかないとのこと。


うん。

もうそれはどうすることもできない。


弟友人になんとなくムカついて、幽霊をたくさん集めてごめんね。家をぶち壊したらまた来てね。と言って家を追い出した。


霊が部屋にたまるならば、まだ通り過ぎてくれた方がマシだと思い、もう一度アジカンのポスターを貼った。


弟の友人はそれから家に来ることはなかった。



それから8年経った一昨年大家の都合で実家のアパートが解体された。


築20年ほど。

まだ住めないことはなかった。

ちなみに、解体される理由は教えてくれなかった。

もしかしたら、それも幽霊が原因なのかもしれない...



弟の友人よ、家をぶち壊したからまた遊びにおいでよ。



今週のお題「わたしの部屋」