放浪カモメはいつまでも

読む人のことを考えず、書きたいことを適当に書いてるブログ。今のメインブログはこちら→ http://www.ongakunojouhou.com/

ももクロのAMARANTHUSと白金の夜明けを視聴してきたけど買わなかった理由

この内容は叩き記事のつもりはありません。 ももいろクローバーZがアルバム出しましたね。

三枚目のアルバムと四枚目のアルバムの二枚同時発売。



かつてアイドルに興味なく、むしろ厨二病でロックしか聴いてなく、アイドルなんてAKBみたいなのばかりでしょ?とバカにすらしていた自分にアイドルに興味を持つきっかけを作ったのはももクロだった。
(今はAKB嫌いじゃない。乃木坂とか好き)


何故、ももクロを聴いてアイドルに興味を持ったのか。

それは、曲がぶっ飛んでたから。

初めて聴いた曲は、たしか、ミライボウルだったと思う。

大胆に転調する曲展開なのに、それをさらりと可愛らしく歌っている初々しさが衝撃だった。

それは、これまでロキノン系ばかり聴いていた自分の聴いたことないような曲展開で、自分の聴く音楽の幅を広げるきっかけになった。



本格的にアイドルにハマったのはBiSやでんぱ組.incの存在を知ってからだけど、ももクロがいなければ、その2組も知ることはなかったかもしれない。


そして、満を持して、3年ぶりのアルバムがリリースされた。

で、タワレコで視聴をしたわけだけど、このアルバム、凄く良いです(全曲断片的にしか聴いてないけど)


もうね、アイドルの枠を超えて、普通にポップスとしてかなりレベルが高い。

曲もアレンジも演奏も良い。

ももクロのために日本の音楽のプロが集結して名盤を作ったような感じ。

本当に良いアルバムなんだよ。

でもね、ももクロが歌わなくても良いんじゃね?て気分にもなってくる。

それは、今回のアルバムは、自分がももクロを初めて聴いた時の衝撃や感じた魅力とは違う魅力が詰まっているからかもしれない。

ようは、完成度が高すぎて、アイドルぽくないんだよね。


極端に言うと、山下達郎のアルバムを聴いてるぐらい完成度の高いポップスを聴いてる気分。
(だいぶ極端に言っている)


もちろん、アルバムにはアイドルぽい可愛らしい曲や面白い曲も入ってる。

でも、完成度が高すぎるんだよ。

アイドルやアイドルソングの魅力て、プロの作曲家、作詞家やスタッフが、アイドルを可愛らしく、魅力的に見せようと思って楽曲を作ったり、メンバーを演出している部分だと思っている。

それ故に、楽曲やメンバーの歌唱力が少し未熟だったりするのにも面白さを感じていた。

だって、ポップスとして完成度が高すぎると、アイドルは歌いこなせないから。

それだと、アイドルの魅力を伝えるという部分では失敗してるんだよね。

だから、普通に良い曲を作ろうとするスタンスとは違うスタンスで作るから、そこから思いもよらない化学反応が起きて、バンドや歌手にはない面白さや魅力が生まれる部分があるのではと感じる。

それが今回の2作品は、楽曲提供者やスタッフが普通にレベルの高い音楽を作ろうとしてる感じがする。

てか、ももクロもそのレベルの高い曲でも歌いこなしてしまっている。

それはそれで素晴らしいと思うし、実際に素晴らしいアルバムが完成していると思う。

ももクロはドームツアーをやるぐらい売れたから、もう可愛らしさや面白さを伝える段階ではなく、その次の段階にステップアップしたのかもしれない。

もう、ももクロはアイドルの枠を超えてしまっているのかもしれない。

でもね、自分がももクロを含むアイドルに求めている部分とは少しズレを感じた。


曲を聴いていて、これはアイドルソングとして聴くべきか、完成度の高いポップスとして聴くべきかよくわからなくなってしまった。

いちいち区別して聴くものではないのかもしれないけども、アイドルの場合、例えばバンドの曲を聴くときと違って、聴いていてメンバーの顔が頭に浮かんで来るんだよね。

今回の二枚のアルバムは完成度が高い故に、メンバーの顔が頭の中に浮かびそうで浮かばないというモヤモヤが発生してしまった。

自分の場合はね。

だから、今回のももクロのアルバムは、ものすごく完成度が高いとは思うんだけど、自分は違和感を感じてしまった。

だから自分は今回のアルバムは買わなかった。
全曲視聴はしたけど、フルでは聴いていないから、2枚のアルバムを頭から聴いたら印象が変わるのかもしれないけど。


視聴しかしてないのに、こんな批判的に受け取れるようなことを書いたら、モノノフの、みなさんにこ◯されそう...

でも、普通に良い曲がたくさん入ってるとぉいますよ〜