読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放浪カモメはいつまでも

読む人のことを考えず、書きたいことを適当に書いてるブログ。

白いゴキブリと部屋で戦った

カモメの日常 今週のお題




大学1年の夏。


一人暮らしを始めて4ヶ月ほとだった頃。

一人暮らしにも慣れてきて、実家よりも落ち着くような環境になっていた。


そして、その結果どうなるのかというと、




散らかった汚部屋になるわけです。


一人暮らしを始めた最初の頃は綺麗にしなければとかお洒落な部屋にしたいとか思っていた。

最初のうちは気合入れて綺麗にしていた。

でも慣れてくると


「まあ、いっか!(・ω<) テヘペロ」



みたいな気分になって綺麗な部屋とかお洒落な部屋とかどうでもよくなって、ベッドの上でもパソコンでYouTube見れればどうでもいいやて気分になっとりました。

床にはゴミと服とCDと本が散らばっていて、うっかり服の下に隠れてたCDのケースを踏んで、割っても、


「まあ、いっか!(・ω<) テヘペロ」


となっとりました。


しかし、当時所属していたサークルで、自分の部屋を使うかもしれないということになった。

流石に他人にこの汚部屋を見られるのは嫌だし、じぶんがやるなら許せるけど、他人にCDのケースを踏まれて割られて、


「まあ、いっか!(・ω<) テヘペロ」


とは思えず、殺意がわきそうだったので、大掃除をすることにした。

服は全て洗濯カゴに入れて、本やCDも少しずつまとめて棚に移動させる作業。

その途中、本の隙間から、なんか白い物体が高速で壁に向かって移動したんだよね。


目で追って壁を見たけど、一見何もない。

いや、よく見ると、壁が少しでっぱってる。

さらによく見ると、白い虫っぽいものがいる。

さらに観察してみると、どう見ても形がゴキブリ。


ゴキブリを見たら反射的にどうにかして殺さないとと思ってしまう。

かといって、一人暮らし初心者の自分は部屋にゴキブリが出るということは想定していなかった。

ホウ酸団子なんて設置していなかったし、ゴキジェットも買っていない。

だから何かしらで潰して殺さなければならない。


かといって、一人暮らし初心者の自分は新聞はとっていないし、スリッパも家にない。

潰せそうな道具は部屋に散らばっている本のみ。

そして、自分の位置から一番近くにある本はONE PIECEの26巻。


さっき高速で走ってた奴だ。 

早く仕留めなければまた逃げられる。

ONE PIECEの26巻で仕留めることにした


なんか不思議なのは、白いとそこまで汚いとか不潔だとか感じないんだよね。 

白いやつなら潰した後でも、残骸を払えばまたONE PIECE読めるかなぐらいな気持ちだった。


そして、ゆっくりとONE PIECE26巻を取り、勢いよく壁に張り付いている白いゴキブリに向けONE PIECE26巻を叩きつけた。


でね、仕留めたんだよ。

安心して残骸を確認して、そんなに汚れてなければはらってまた読もうと思った。

白いんだからそんなに汚れないだろうと思って確認した。




絶句した。





内臓は白くないのな。


ONE PIECE26巻はゴミ袋を二重にして捨てた。(ちなみにゴキブリは脱皮したてだと白いらしい)



コンバット お外用 6個入 (防除用医薬部外品)

コンバット お外用 6個入 (防除用医薬部外品)

ホウ酸 ダンゴ

ホウ酸 ダンゴ




今週のお題「わたしの部屋」